若者のしごと創造事業

 

取り組みの概要

 この事業では、子ども達が 社会人になったあともUターンなどで浦幌町に戻ってくることのできる受け皿となる事業の創出や、将来町内で起業・創業などを実現できる環境づくりを目的としています。
 「地域への愛着を育む事業」「農村つながり体験事業」「子どもの想い実現事業」という3つのプロジェクトを進めてきた結果、子ども達は自らが育った町に対して魅力を感じるようになり、自分たちもいつか地域に貢献したいという意識が生まれるようになりました。しかし、他の地方都市同様、浦幌町も高齢化や過疎化、そして少ない雇用機会といった課題を抱えています。このような社会課題に立ち向かうべく、町に愛着を持ち定住意識を抱く若者に向けた、より多くの雇用機会の創出が求められています。
 そこで、うらほろスタイルでは新たな取り組みとして、平成25年度に「若者の雇用創造事業検討委員会」を組織しました。同委員会では、町内にある地域資源の可能性・潜在能力の統括的な整理、町民の声の参集、これらの声を踏まえた浦幌の優位性・課題の分析を行い、若者にとって魅力のある雇用機会(事業モデル)の創造について検討しています。

 

取り組みの効果

 「まちなか農園プロジェクト」は中学生の「地域活性化案」をもとに平成27年度から実施された本事業最初の取り組みです。浦幌中学校に隣接する農地を活用し、町花であるハマナスの栽培を核としつつ、町民の交流の場としての機能を持たせた「まちなか農園」を開設し、町民の自らの手によりハマナスの植え付けを行いました。同時にハマナスを活用した商品開発も進め、生産から加工、流通までの事業モデルとして、町民とのつながりを大切にしながら事業の推進を図っています。
 その中から生まれた、ハマナスを使ったオーガニックコスメブランド「rosa rugosa – ロサ・ルゴサ」は、事業担当者の地域おこし協力隊が起した販売会社で、平成30年度から販売が開始されています。

 

地域特性を活かした事業開発

自分たちが住んでいる浦幌の魅力をうらほろスタイルの事業を進めていく中で、新たに出てきた課題を解決するために、第一次産業を基幹とする浦幌町の特性を活かしつつ「ハマナスの商品開発」や「まちなか農園プロジェクト」の推進を図っています。

雇用・創業の環境づくり

町内にある廃校等の遊休施設の活用や、地域滞在型研修を実施することにより、魅力的な地域産業の創出モデルを構築し、都市部企業の誘致や、浦幌町内での起業・創業に向けた環境を作っています。

起業を目指す人材の育成

浦幌町で起業・創業を目指す人材に対し町の研修制度(地域おこし協力隊として)を活用したスキル向上・資格取得。また、地元企業団体及び首都圏企業人による起業支援・職業体験を図り人材育成する取り組みを行っています。

 

世代をつなぐ取り組みに向けて

 うらほろスタイルの教育が始まって10年以上。小・中学校での取り組みに加え、高校生も自主的な活動を始めてきました。
取り組み当初中学生だった子ども達はすでに成人を迎えています。夢を託していた子ども達が、自らの想いを自らの手によって実現できる段階に入ってきたのです。
「若者のしごと創造事業」はそのような「成長したうらスタ世代」の自立を支える大切な取り組みだと考えています。
これからは子ども達だけでなく私達も「想いを受け止める立場」から一歩前へと進み、大人になっていく子ども達と共に協力し合いながら、うらほろスタイルの取り組みを次世代からさらに次の世代へとつないでいき、いつまでも夢と活力を抱き続けることのできるまちづくりを進めていきたいと思います。

若者のしごと創造事業 座長 北村 昌俊

 

町の未来に向けて ~ハマナスプロジェクトを通じて~

 中学生の声から生まれた、ハマナスを栽培するまちなか農園は、夏場になると大きな花を咲かせ、甘く優しい香りを漂わせます。
地域の多くの方の力が合わさり、そのハマナスから化粧品ブランド「rosa rugosa – ロサ・ルゴサ」が完成した時には、大きな喜びを感じたことを今でも鮮明に覚えています。そして、うらほろスタイルの取り組みから生まれた、この商品を広げていくという覚悟を決め、販売会社を設立しました。
地域を愛する子ども達の純粋さ。そんな子ども達の想いに応えるために一生懸命取り組む地域の大人達。そんな姿を間近で体感してきたことは、新卒で浦幌町に移住し地域おこし協力隊としてこのプロジェクトに関わらせていただいた自分自身の、大きな学びに繋がっています。
この事業を通じて、将来の担い手である子ども達とともに、町の未来を作っていきたいと考えています。

株式会社ciokay 代表取締役 森 健太
(元浦幌町地域おこし協力隊)